チャオプラヤー川沿いにある
ラーマ3世の時代には19世紀に活躍したジャンク船の姿を
後世に伝えるために船を改造した珍しい形の仏塔が建てられた
ワット・ヤーンナーワー(Wat Yannawa)
  • 過去3回の寺院名変更
あまり知られていない寺院ですが、歴史は古く
・寺院が建てられた時は、村名の牛小屋(コーク・クワーイ)から
ワット・コーク・クワーイ」。
・トンブリー王朝時代には王室寺院に格上げされて
ワット・コーク・クラブー
・ラーマ3世の時代に船型の珍しい形の仏塔が建てられ
現在の名称「ワット・ヤーンナーワー」に。
  • ワット・ヤーンナーワー
敷地に入ると目の前に、珍しい舟船型の仏塔があります。
横(船尾から)から船の内部に入ることができます。
bc950262.jpg
  • 本堂
ラーマ1世によって建てられた本堂が、真横の建物です。
e95fd34f.jpg
勝手に本堂の屋上に行く階段を登って良いのか?
観光客も信者の方も居ない!
特に注意書きした看板等もないので
階段を登ると仏像があり、参拝を。
adec1a4b.jpg
  • 撮影場所
船型の寺院は、全体を撮りたいですよね。
本堂の屋上から、全体が撮れますので、本堂に寄る事を
おすすめします。
217c66a0.jpg
  • ワット・ヤーンナーワーへの行き方
は横にが建設場所は、王宮方面の観光で船で向かう時に利用する
サパーンタクシン(Saphan Taksin)駅の近くです。
駅から徒歩10分程の場所にあります。

チャオプラヤー川の船で王宮方面への行きか帰りに
船の形をしたお寺は珍しいので
立ち寄ってみる価値はあると思います。