バンコクの郊外にありBTSが延びて注目を浴びつつある
エラワン・ミュージアム (The Erawan Museum)

ヒンドゥー教の神の乗り物とされる「エラワン」で
3つの頭を持つ巨大な象が目印の建物になっおり
像自体の高さは29メートルと巨大です。
巨大象の内部は空洞になっていて
大きな仏像が祀られており、極楽の世界で
上階を須弥山(しゅみせん)、その下階を地獄と擬えて
仏教の宇宙観を表しているといわれます。
  • エラワン・ミュージアムへの行き方
バンコク市街中心のアソーク駅(Asoke)を走る
BTSに乗り終点のサムロン駅(Samolon)で乗り換え
最寄り駅のチャンエラワン駅(Chang Erawan)に向かいます。

BTS終点のサムロン駅(Samolon)
ホームの向い側の列車に乗り換えるだけで
abbf9d0b.jpg
乗り換えて2つ目の駅のチャンエラワン駅(Chang Erawan)が
最寄り駅です。
f38405c7.jpg
駅から出て、グーグルマップを見ると、すぐそこに。。。
8f5e5a82.png
私が行った時期は、雨が降っており、暑くはなくよかったですが
途中、像の背中が見えて、それに向かって
徒歩15分程で到着です。
299bbda1.jpg
駅から向かうと、出口の前に出ますが
そのまま進むと入口があります。
668fc460.jpg
入館料は、少しお値段が高い400バーツ(約1400円)!
少しでも節約したい方は、インターネットで事前購入すると350バーツです。
ba9ebdde.jpg
  • エラワン・ミュージアム見学
入館すると圧倒する大きな像さんが頭上に。。。
これを見るだけでも、来た甲斐がありました。
774fb629.jpg
像自体の高さは29メートルで、台座となっている建物の高さが
14.60メートルで、ずっ~と上を向いて歩くと首が痛い。
59087b36.jpg
建物に入ると、天井一面がステンドグラスがどぉ~ん!
像の大きさに圧倒され、室内は小さく感じましたが
宇宙観?がよく分かりませんが、美しい空間です。
7af2d6e5.jpgcbe20a11.jpg
極楽の世界へ、螺旋階段を上がって行くと
ステンドグラスの真下へ。
8e7254b6.jpgb4902c10.jpg
まだ階段が続きます。。。
登り続けると。。。青い天井が現れて仏像がお出迎え!
9f1b770f.jpg
不思議な事に、この空間に出た時は。。。
人も少なく静かで神秘的な空間でした!
あまり紹介されていない観光地だけに
見ている内に人が居なく
この空間を独り占めできました。
85b10665.jpg
建物の外は、庭園になっており
像さんの周りには、小さなオブジェクトもあります。
6989ec30.jpg
5e47c5f3.jpg
外周で、像さんのお尻も眺められます。
6ff49803.jpg
  • おすすめの時間帯
午前中に行き、像を真正面から眺めると逆光です。
少しでも街歩きは軽く、スマホのみの方も多いと思いますが
しっかりと建物を楽しむなら、午後に観光されるのを
すすめます。

美術館?ヒンドゥー教と仏教が融合した不思議さはありますが
BTSに乗って行けることになり、注目するパワースポットの一つで
これから人気がでる観光スポットになると思います。